静岡大学 関朋宏 研究室

関朋宏 研究室

menu

学会/講演会

学会/講演会

2024

93. 【テスト】

123学会
口頭発表、1234日本、 2024年1月1日

2021

92. Emissive Molecular Crystals with Ordered Packing Arrangements
Tomohiro Seki
日本化学会第101春季年会 (S07-2am-08)
口頭発表、オンライン、 2021年3月20日

2020

91. Molecular Crystals of Gold Complexes with Unique Stimuli Responses
Tomohiro Seki
錯体化学討論会(S1-05)
口頭発表、茨城大学、 2020年9月28日
90. Development of Novel Stimuli-Responsive Luminescent Molecular Crystals Prepared from Gold Complexes
Tomohiro Seki
2020年光化学討論会(1C-08)
口頭発表、京都大学、 2020年9月9日
89. 金錯体結晶:刺激応答性と結晶構造の相関
関朋宏
錯体化学若手の会第3回ウェブ勉強会
口頭発表、オンライン学会、 2020年8月6日
88. 刺激応答性を示す固体発光材料の構造と分子間相互作用の相関
関 朋宏
日本化学会第100春季年会 (4S6-09)
口頭発表、東京理科大学、 2020年3月25日
87. 構造秩序を保持して刺激に応答する分子結晶の開発
関朋宏
日本化学会第100春季年会 (1F1-26)
口頭発表、東京理科大学、 2020年3月20日

2019

86. A thermosalient organogold complex: crystal jumping in response to temperature change
Tomohiro Seki
16th International Conference of the Asian Crystallographic Association (AsCA 2019)
口頭発表、UTown, National University of Singapore、 2019年11月19日
85. Thermosalient Effect: Jumping of Molecular Crystals in Response to External Stimulation
Tomohiro Seki
3rd International Caparica Christmas Congress on Translational Chemistry (IC3TC 2019)
口頭発表、Aldeia dos Capuchos Golf & SPA(リスボン、ポルトガル)、 2019年12月2日
84. 構造秩序保持型の刺激応答性分子結晶の開発
関朋宏
日本化学会
口頭発表、日本化学会 化学会館会議室、 2019年11月27日
83. 汎用的刺激応答性材料の設計と不斉結晶のメカノクロミズム
関朋宏
新学術領域「配位アシンメトリ」第6回領域全体会議
ポスター発表、大阪大学、 2019年11月20日
82. 金錯体を用いた未知の機能性分子結晶の開発~色変わる、飛び跳ねる、折れ曲がる
関 朋宏
第4回ACE meeting
口頭発表、立命館大学、 2019年11月16日
81. 金錯体の結晶相転移と特異な刺激応答特性
関朋宏
PHyM若手フォーラム
口頭発表、東北大学(仙台)、 2019年11月13日
80. Stimuli-Responsive Molecular Crystals Based on Gold Complexes
Tomohiro Seki
錯体化学会第69回討論会(S3-01)
口頭発表、名古屋大学(名古屋)、 2019年9月21日
79. 発光性金錯体の結晶相転移と多様な刺激応答性
関朋宏
2019年光化学討論会(1C14)
口頭発表、名古屋大学(名古屋)、 2019年9月10日
78. 発光性金錯体の結晶相転移と多様な刺激応答性
関朋宏
2019年光化学討論会(1S03)
口頭発表、名古屋大学、 2019年9月10日
77. Development of bendable molecular crystals of gold complexes and organic luminophores without aromatic segments
Tomohiro Seki, Mingoo Jin, Hajime Ito
WPI-ICReDDサイトビジット
ポスター発表、北海道大学(北海道)、 2019年8月7日
76. 多様な外部刺激に応答する発光性金錯体の研究
関朋宏
第40回光化学若手の会
口頭発表、大学セミナーハウス(東京 八王子)、 2019年6月15日
75. 汎用的刺激応答性材料の設計と不斉結晶のメカノクロミズム
関朋宏
新学術領域「配位アシンメトリ」第5回領域全体会議
口頭発表、東京大学(東京)、 2019年5月14日
74. アルケニル金イソシアニド錯体のサーモサリエント効果とそのメカニズム調査
関 朋宏, 眞下 峻希, 伊藤 肇
日本化学会第99春季年会 (1D7-30)
口頭発表、甲南大学、 2019年3月16日

2018

73. Reversible Phase Transition between Single Crystals of Luminescent Gold Complex
Tomohiro Seki
15th International Conference of the Asian Crystallographic Association (AsCA 2018)
口頭発表、Auckland University(ニュージーランド)、 2018年12月3日
72. 発光性メカノクロミック金錯体からなるアシンメトリック結晶とその機能
関 朋宏
新学術領域「配位アシンメトリ」第4回領域全体会議
口頭発表、金沢大学、 2018年11月29日
71. 発光色変化や機械的応答を示す外部刺激応答性金錯体
関 朋宏
若手研究者のための有機合成化学札幌セミナー
口頭発表、北海道大学(北海道)、 2018年11月8日
70. Gold Complexes Exhibiting Luminescent Mechanochromism
Tomohiro Seki
3rd International Caparica Conference on Chromogenic and Emissive Materials (IC3EM 2018)
口頭発表、Aldeia dos Capuchos Golf & SPA(リスボン、ポルトガル)、 2018年9月5日
69. 芳香族金イソシアニド錯体の外部刺激応答特性
関 朋宏
2018年度北海道高分子若手研究会
口頭発表、定山渓グランドホテル、 2018年8月25日
68. Reversible Single-Crystal-to-Single-Crystal Phase Transformations with Emission Color Changes Initiated by Mechanical Stimulation and Solvent Vapor
Tomohiro Seki, Jin Mingoo, Toshiki Sumitani, Hajime Ito
the 43rd International Conference on Coordination Chemistry
口頭発表、仙台国際センター、 2018年7月31日
67. 金錯体を用いたベンディング結晶の開発と応用
関 朋宏
新学術領域「π造形科学:電子と構造のダイナミズム制御による新機能創出」第5回領域全体会議
口頭発表、クロスパルにいがた、 2018年6月11日
66. 発光性金錯体の可逆的単結晶−単結晶相転移:機械的刺激と溶媒蒸気による誘起
関 朋宏
新学術領域研究「ソフトクリスタル」第2回若手会 「ソフトクリスタル・インキュベーションミーティング」(S-01)
口頭発表、北海道大学(北海道)、 2018年5月24日
65. Luminescent Mechanochromic Gold Complex Exhibiting Phase Transition between Crystalline Phases
Tomohiro Seki
233rd ECS Meeting (B07-942)
口頭発表、Washington State Convention Center(シアトル)、 2018年5月16日
64. 金イソシアニド錯体のアシンメトリック結晶と発光性メカノクロミズム特性
関 朋宏
新学術領域「配位アシンメトリ」第3回領域全体会議
口頭・ポスター発表、九州大学医学部百年講堂、 2018年5月8日
63. 機械的刺激と溶媒蒸気により誘起される発光性金錯体の可逆的単結晶−単結晶相転移
関 朋宏, 墨谷 俊輝, 陳 旻究, 伊藤 肇
日本化学会第98春季年会(2I2-32)
口頭発表、日本大学、 2018年3月21日
62. Infrared-Emissive Luminescent Mechanochromism of Anthryl Gold Isocyanide Complex
Tomohiro Seki
International Congress on Pure & Applied Chemistry (ICPAC) 2018(PCC 37)
口頭発表、Sokhalay Angkor Resort & Spa, Siem Reap, Combodia、 2018年3月10日
61. 機械的刺激による単結晶-単結晶相転移とメタノール添加による逆相転移
関 朋宏, 伊藤 肇
第2回ソフトクリスタル領域会議
ポスター発表、中島屋グランドホテル、 2018年3月5日

2017

60. Luminescent Mechanochromism of Gold Isocyanide Exhibiting Various Emission Colors
Tomohiro Seki
π-Figuration German-Japanese Workshop Heidelberg
口頭発表、University of Heidelberg、 2017年11月13日
59. 発光性ベンディングクロミック結晶の開発と応用
関 朋宏
新学術領域「π造形科学:電子と構造のダイナミズム制御による新機能創出」第4回領域全体会議
口頭発表、マリンパレス鹿児島、 2017年7月1日
58. 不斉結晶のメカノクロミズム:汎用的刺激応答性材料の設計と新機能の開拓
関 朋宏
新学術領域「配位アシンメトリ」第1回領域全体会議
口頭・ポスター発表、東京大学(東京)、 2017年5月27日
57. 発光性メカノクロミズムと各種刺激応答性を示す金錯体の研究
関 朋宏
第58回π造形コロキウム
口頭発表、千葉大学、 2017年5月25日
56. Development of an Organic Crystalline Material with Desired Functionality: Screening Approach
Tomohiro Seki
日本化学会第97春季年会 アジア国際シンポジウム有機結晶部門(2C5-39)
口頭発表、慶応大学(東京)、 2017年3月17日
55. 光照射や機械的刺激に対し特異な応答を示す発光性金錯体の開発
関 朋宏
2016年度 第2回 有機金属若手研究者の会(-)
口頭発表、東京理科大学、 2017年3月15日
54. 特異な刺激応答性を示す固体発光材料の開発手法
関 朋宏
日本化学会北海道支部奨励賞受賞講演
口頭発表、北海道大学(北海道)、 2017年1月18日

2016

53. 結晶-結晶相転移に基づく発光性メカノクロミズムの発見を志向したスクリーニングアプローチ
関朋宏, 伊藤肇
第26回日本MRS年次大会;C-2 : 自己組織化材料とその機能XIV(C2-O20-014)
口頭発表、横浜市開港記念会館、 2016年12月20日
52. 目的の機能を示す有機固体材料を開発するための方法論の提案
関朋宏
若手研究者のための機能性材料シンポジウム
口頭発表、山形大学、 2016年12月8日
51. A Novel Method for the Construction of Mechanochromic Compounds with Desired Functionality: Screening Approach
Tomohiro Seki, Hajime Ito
14th International Conference of the Asian Crystallographic Association (AsCA 2016)
口頭発表、Hanoi University of Science and Technology (Vietnam)、 2016年12月5日
50. A Screening Approach to Develop Mechanochromic Gold Isocyanide Complex Exhibiting Crystal-to-Crystal Phase Transition
Tomohiro Seki, Hajime Ito
AsiaNANO 2016(2MATo5)
口頭発表、札幌コンベンションセンター (北海道)、 2016年10月12日
49. 赤外領域へ発光が変化するメカノクロミック金錯体
関朋宏, 戸子臺遥光, 伊藤肇
有機結晶シンポジウム(O10)
口頭発表、京都大学、 2016年9月18日
48. 金イソシアニド錯体の温度敏感型メカノクロミズム
関朋宏, 小林滉, 伊藤肇
2016年光化学討論会(3D07)
口頭発表、東京大学、 2016年9月8日
47. 金錯体のメカノクロミズム:発光色の多様化と特異種の発見
関朋宏
第16回北大若手研究者交流会
口頭発表、北海道大学、 2016年8月19日
46. 結晶ー結晶相転移に基づくメカノクロミック分子の開発:スクリーニングアプローチ
関朋宏
構造有機化学若手研究者 研究会 2016
口頭発表、北海道大学、 2016年7月31日
45. Mechanoresponsive Gold Complexes with Tunable Luminescent Properties
Tomohiro Seki
The International Conference on Small Science (ICSS 2016)(B07)
口頭発表、Grandior Prague Hotel, Prague (Czech Republic)、 2016年6月27日
44. 金原子間相互作用の切り替わりによって駆動する新規刺激応答性材料:金イソシアニド錯体の単結晶―単結晶相転移
関 朋宏
日本化学会第96春季年会(1D3-34)
口頭発表、同志社大学(京都)、 2016年3月24日
43. 新奇刺激応答性を示す金イソシアニド錯体の発光特性と機械的応答
関 朋宏
情報科学用有機材料第142委員会「インテリジェント有機材料部会 第125回研究会
口頭発表、東京理科大学森戸記念館(東京)、 2016年1月26日

2015

42. Photosalient Effect of Gold(I) Complex through Strengthening Metallophilic Interactions
Tomohiro Seki, Kenta Sakurada, Hajime Ito
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015) (#153-596)
Honolulu (Hawaii)、 2015年12月16日
41. Phototriggered Contraction of Metallophilic Interactions Capable of Phase Transition between Single Crystals
Tomohiro Seki
Third International Symposium on the Photofunctional Chemistry of Complex Systems (3rd ISPCCS) (IL-16)
口頭発表、Maui (Hawaii)、 2015年12月13日
40. 11種類の溶媒和単結晶の形成に基づく金イソシアニド錯体のチューナブル発光
関朋宏, 陳旻究, 伊藤肇
第25回日本MRS年次大会;C-2 : 自己組織化材料とその機能XIII(C2-I8-012)
口頭発表、横浜波止場会館(横浜)、 2015年12月8日
39. 機械的刺激による単結晶-単結晶相転移前後の面指数の決定と分子の再配列に関する考察
関朋宏, 伊藤肇
第24回有機結晶シンポジウム(P-56)
ポスター発表、広島大学、 2015年11月2日
38. 異種単結晶間の相転移を伴う発光性メカノクロミズム
関朋宏
連携型博士研究人材総合育成システムシンポジウム2015(-)
口頭発表、東北大学(仙台)、 2015年10月8日
37. 機械的刺激をトリガーとした単結晶-単結晶相転移と発光特性のスイッチング
関朋宏
第9回 次世代先端光科学研究会(-)
口頭発表、静岡大学、 2015年9月24日
36. 金原子間相互作用の増強に誘起された金イソシアニド錯体の光相転移とPhotosalient効果
関朋宏, 伊藤肇
2015年光化学討論会(3C07)
口頭発表、大阪市立大学(大阪)、 2015年9月11日
35. 金原子間相互作用の増強を利用した光誘起結晶相転移
関朋宏
若手研究者のフォトニクス材料研究会2015(-)
口頭発表、北海道大学、 2015年8月25日
34. Mechano- and Phototriggered Switching of Solid State Structures and Emissions of Gold(I) Isocyanide Complexes
Tomohiro Seki, Hajime Ito
Eleventh International Workshop on Supramolecular Nanoscience of Chemically Programmed Pigments (SNCPP15)(O-1)
口頭発表(英語講演)、立命館大学(滋賀)、 2015年5月30日
33. 金イソシアニド錯体のマルチカラーメカノクロミズム
関朋宏, 尾崎太一, 大倉拓真, 佐近彩, 植草秀裕, 伊藤肇
日本化学会第95春季年会(3A7-33)
口頭発表、日本大学(千葉)、 2015年3月28日

2014

32. 多色発光性のメカノクロミズムを示す金イソシアニド錯体
関朋宏
2014 年度錯体化学若手の会北海道支部第3 回勉強会(SL-1)
口頭発表、北海道大学(北海道)、 2014年11月14日
31. 光照射による金原子間相互作用の増強に誘起された金イソシアニド錯体の単結晶-単結晶相転移
関朋宏, 櫻田健太, 伊藤肇
第63回高分子討論会(2U13)
口頭発表、長崎大学(長崎)、 2014年9月25日
30. 固体4色発光を切り替え可能な金イソシアニド錯体
関朋宏, 尾崎太一, 大倉拓真, 佐近彩, 植草秀裕, 伊藤肇
第23回有機結晶シンポジウム(O-20)
口頭発表、東邦大学(千葉)、 2014年9月17日
29. Photoinduced Single-Crystal-to-Single-Crystal Phase Transition of Gold(I) Isocyanide Complex with Shortening Intermolecular Aurophilic Bonds
Tomohiro Seki, Kenta Sakurada, Hajime Ito
XXVI International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2014)(2P182)
ポスター発表、ロイトンホテル札幌(北海道)、 2014年7月15日
28. Static and Dynamic Controls of Polymorphic Luminescent Gold(I) Isocyanide Complexes
Tomohiro Seki, Kenta Sakurada, Mai Muromoto , Hajime Ito
3rd FCC International Symposium(Young Lecture 1)
口頭発表、北海道大学(北海道)、 2014年6月14日
27. Luminescent Polymorphism of Gold Complexes: Mechano-Triggered Single-Crystal-to-Single-Crystal Phase Transition and White Luminescence through Mixed Polymorphs
Tomohiro Seki, Kenta Sakurada, Hajime Ito
日本化学会第94春季年会(1E4-10)
口頭発表、名古屋大学(名古屋)、 2014年3月27日

2013

26. 金(I)イソシアニド錯体のポリモルフィズムに基づく単一化合物白色発光
関 朋宏, 榑沼沙也佳, 伊藤 肇
錯体化学会第63回討論会(1Fa-17)
口頭発表、琉球大学(沖縄)、 2013年11月2日
25. 単一化合物の固体白色発光:金(I)イソシアニド錯体の結晶多形とその共存による発光色制御
関 朋宏, 伊藤 肇
第59回高分子研究発表会(Pb-27)
ポスター発表、兵庫県民会館(神戸)、 2013年7月12日
23. 結晶多形を示す有機金属錯体の単一化合物白色発光材料への応用
関 朋宏, 伊藤 肇
分子・物質合成プラットフォーム 平成24年度成果報告会(T3・P4)
口頭・ポスター発表、岡崎カンファレンスホール(愛知)、 2013年3月13日

2012

22. ナフチル金(I)イソシアニド錯体のクロミック発光特性の制御
関 朋宏, 榑沼 紗也佳, 伊藤 肇
錯体化学会第62回討論会(1PF-14)
ポスター発表、富山大学五福キャンパス(富山)、 2012年9月21日
21. 水素結合によって構築されたペリレンビスイミドのキラル集合体
関朋宏, 矢貝史樹, 唐津孝, 北村彰英
日本化学会第91春季年会 (3M2-33)
口頭発表、慶応義塾大学(横浜)、 2012年3月

2011

20. 水素結合により階層化されたペリレンビスイミド超分子材料の構造と機能
関朋宏, 矢貝史樹, 唐津孝, 北村彰英
第60回高分子討論会 (2Pe017)
ポスター発表、岡山大学(岡山)、 2011年9月
19. 溶液プロセスに適応可能な水素結合性ペリレンビスイミド集合体による有機薄膜トランジスタ
関朋宏, 矢貝史樹, 唐津孝, 北村彰英, 丸屋侑大, 中山健一
第60回高分子学会年次大会 (3H15)
大阪国際会議場(大阪)、 2011年5月
18. 溶液プロセスにより作成可能な有機薄膜トランジスタのための水素結合性ペリレンビスイミド集合体
関朋宏, 矢貝史樹, 唐津孝, 北村彰英, 丸屋侑大, 中山健一
日本化学会第91春季年会 (1E5-17)
口頭発表、神奈川大学(横浜)、 2011年3月

2010

17. Chiral Supramolecular Columns Formed from Hydrogen Bonded Perylene Bisimide Discs
Tomohiro Seki, Shiki Yagai, Yoshihiro Kikkawa, Takashi Karatsu, Akihide Kitamura
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010) (Materials & Nanotechnology 983)
口頭発表、Honolulu (Hawaii)、 2010年12月
16. Semiconducting Lamellar Structure of Perylene Bisimide Dyes Formed by Complementary Hydrogen Bonding Interactions
Tomohiro Seki, Shiki Yagai, , Takashi Karatsu, Akihide Kitamura, Yukihiro Maruya, Ken-ichi Nakayama
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010) (Macromolecules 1244)
口頭発表、Honolulu (Hawaii)、 2010年12月
15. Chiral Columnar Assemblies of Perylene Bisimide Formed through Hydrogen-Bonded Discotics
Tomohiro Seki, Shiki Yagai
Second International Symposium on the Photofunctional Chemistry of Complex Systems (1L-19)
口頭発表、Kailua-Kona (Hawaii)、 2010年12月
14. ペリレンビスイミド集合体における超分子キラリティ
関朋宏, 矢貝史樹, 唐津孝, 北村彰英
高分子討論会 (1Pa003)
ポスター発表、北海道大学(北海道)、 2010年9月
13. Supramolecular Organization of Perylene Bisimide Dyes through Complementary Hydrogen Bonds
Tomohiro Seki, Shiki Yagai
International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2010 (6P-197)
ポスター発表、京都国際フォーラム(京都)、 2010年7月
12. メラミン連結ペリレンビスイミドの超分子集合体
関朋宏, 矢貝史樹
液晶化学研究会シンポジウム (P22)
ポスター発表、東京大学(東京)、 2010年6月
11. 多重水素結合によるキラルなペリレンビスイミド6 量体の形成とその階層的組織化
関朋宏, 矢貝史樹, 唐津孝, 北村彰英
高分子年次大会 (3D21)
口頭発表、パシフィコ横浜(神奈川)、 2010年5月
10. 相補的水素結合を用いたペリレンビスイミドの配列制御
関朋宏, 矢貝史樹, 唐津孝, 北村彰英
日本化学会第90春季年会 (2E3-25)
口頭発表、近畿大学(大阪)、 2010年3月

2009

9. メラミン修飾されたペリレンビスイミドの超分子集合体形成における連結オリゴメチレン鎖の偶奇効果
関朋宏, 矢貝史樹, 唐津孝, 北村彰英
日本化学会第3回関東支部大会 (1A2-22)
口頭発表、早稲田大学(東京)、 2009年9月
8. 水素結合によって制御されたペリレンビスイミドの自己集合による多層構造形成
関朋宏, 矢貝史樹, 唐津孝, 北村彰英
2009年光化学討論会 (2P043)
ポスター発表、桐生市民文化会館(群馬)、 2009年9月
7. 水素結合によって形成されるペリレンビスイミドの超分子ファイバーとその電荷輸送特性
関朋宏, 矢貝史樹, 唐津孝, 北村彰英, 本庄義人, 関修平
日本化学会第89春季年会 (2D1- 40)
口頭発表、日本大学(千葉)、 2009年3月

2008

6. 水素結合性ペリレンビスイミド色素の多様な超分子集合形態と制御された色素配向
関朋宏, 矢貝史樹, 唐津孝, 北村彰英
2008年光化学討論会 (1P12)
ポスター発表、大阪府立大学(大阪)、 2008年9月月11日
5. Cyanurate-Guided Self-assembly of Melamine-Appended Perylene Bisimides into Distinct Supramolecular Architectures
Tomohiro Seki, Shiki Yagai
Fifth International Workshop on Supramolecular Nanoscience of Chemically Programmed Pigments (S-2・P23)
口頭・ポスター発表、立命館大学(滋賀)、 2008年6月
4. ベイエリア無置換ペリレンビスイミドからのJ 会合体の創製とH 会合体との相互変換
関朋宏, 矢貝史樹, 唐津孝, 北村彰英
日本化学会第88春季年会 (1K4-30)
口頭発表、立教大学(東京)、 2008年3月

2007

2. Controlling Supramolecular Architectures and Chromophore Packing of Perylene Bisimide dyes  by Multiple Hydrogen Bonding Interactions
Tomohiro Seki, Shiki Yagai, Takashi Karatsu, Akihide Kitamura
The third Joint International Symposium on Macrocyclic & Supramolecular Chemistry (8p-89)
ポスター発表、Las Vegas (Nevada)、 2007年7月

2006

1. 光誘起電子移動により生成するピラゾリンイオンラジカル種の光制御
関朋宏, 岡安晃典, 矢貝史樹, 唐津孝, 北村彰英
日本化学会第86春季年会 (5L4-29)
口頭発表、日本大学(千葉)、 2006年3月